ほしぐまは、夜空に浮かぶ星々の世界に住むクマの親子です。
星くずが降り注いでできた“星の海”にうかぶ小さな島で毎日仲良く暮らしています。

パパぐま

こぐまのことがいつも心配。料理が好き
で、パパの作るパイはこぐまの大好物。
趣味は星の海で釣りをすること。でも
いつも船の上で居眠りしちゃいます。

こぐま

いたずら好きでいつもパパぐまを怒らせた
り、心配させています。でもいたずらのお
かげで物事がうまく解決しちゃうこともし
ばしば。パパの作るパイと、海賊ごっこが
大好き。

〜テーマと世界観〜

現代には様々な家族のかたちがありますが、どんなかたちであれ、いつも自分を温かく見守ってくれる人と場所の存在がとても大切だと思います。幸せな社会のあり方を考えた時、それの最小単位である個々の家族が楽しく、幸せであることがまずは必要ではないでしょうか。ほしぐまの物語では親子の温かな絆が大切なテーマです。
また舞台となるのは夜空に浮かぶ星の世界。「星の海」や、流れ星が砕け散る「星の花火」など、光り輝く幻想的なビジュアルが物語を彩ります。



〜ほしぐまの魅力〜

ほしぐまにセリフはない。でも、見ている人には、それぞれの言葉が聞こえている。
だから、どこの国のどんな子どもが見ても夢中になってしまう。
 
ほしぐまは、大人たちに子どもだった頃を思い出させる。
夜の暗さが怖いけど、ずっと見ていたかったあの頃を。
そして、だれの心にもある、優しさのベルを鳴らしてくれる。
だから、子どもたちは笑顔に、大人たちはちょっとだけ泣きたくなる。 

今夜は夜空を見上げてみよう。どこかにほしぐまたちが見えるかもしれない。

松島恵利子/脚本家(TVアニメ「ちびまるこちゃん」等)

ほしぐまの物語とプロのミュージシャンが制作した楽曲によるミュージックビデオです。
予告編のみの公開ですが、いずれ本編も公開するのでしばらくお待ちください!


『 Twinkle Twinkle Little Star 』

ある日、ほしぐま親子は星空から落ちてきた元気のない小さな星を見つけます。
パパぐまは小さな星を元気にしてやろうとしますが、うまくいきません。
親子は彼を連れて一緒に星空へ出かけます。そこで待っているのは、、、。
世界中で親しまれている童謡「きらきらぼし」のメロディを
大人っぽい雰囲気にアレンジした英語歌詞による曲のミュージックビデオです。

【2019年 オウル国際子ども・青年映画祭(フィンランド)オフィシャルセレクション】
【2019年 ソウル九老国際子ども映画祭(韓国)オフィシャルセレクション】


・・・・・・・・・・・・
作品の長さ:3分
アニメーション:にじたろう
音楽:眞中やす&イシイモモコ
企画・製作:ジェイ・アニメ・ドットコム株式会社
2019年製作


『 パパのパイ 』(英題:The Pie)


ほしぐまの親子はとても仲良し。
こぐまが落ち込んだ時にはいつもパパぐまが大好物のパイを
焼いて励ましてくれます。

長い月日が流れてこぐまが50歳になった時、老いてボケてしまったパパぐまは
もうパイを焼けなくなり、こぐまの事すら忘れかけていました。
悲しむこぐまはパパぐまとの思い出を甦らそうとします。

【2019年 キネコ国際映画祭(日本)オフィシャルセレクション】
【2019年 オウル国際子ども・青年映画祭(フィンランド)オフィシャルセレクション】
【2019年 ソウル九老国際子ども映画祭(韓国)オフィシャルセレクション】
【2019年 MINIKINO FILM WEEK(インドネシア)オフィシャルセレクション】

・・・・・・・・・・・・
作品の長さ:5分
アニメーション:にじたろう
音楽:眞中やす&イシイモモコ
企画・製作:ジェイ・アニメ・ドットコム株式会社
2019年製作

〈日本語歌バージョン〉
〈英語歌バージョン〉

<宣伝用ポスター>

Twinkle Twinkle Little Star

パパのパイ

〈原作・アニメーション〉

にじたろう

CGクリエイター/株式会社にじたろう代表
子どもやファミリー向けのCGアニメ・デザイン制作を行う。過去に初めて発表したCGアニメ作品「ブッチ」と「うさむくん」が経産省主催のコンペ等で受賞後、フジテレビCSチャンネルにて両タイトルを1年以上にわたって放送し、海外では「ブッチ」がフランス、スイス、イタリア、アメリカの短編映画祭や美術館、子ども向けイベント等で上映された。2019年夏にはANA国内線・国際線用に環境をテーマとした「ブッチ」の新作を制作し、機内上映。また、BSフジテレビの子ども番組“Beポンキッキ”(現在終了)にて子どもの絵をアニメ化するコーナーを担当したのをきっかけに、子どもの絵をアニメにして上映するワークショップ“コドモーション”の活動を国内および海外のイベント、教育機関等にて実施中。

〈楽曲制作〉

眞中やす

神奈川県逗子市出身。音楽活動(アコースティック・ユニット「ハミングキッチン」を結成し、細野晴臣氏が主宰するレーベルからアルバムを発売等)を経て、2009年より横須賀の芦名で「SYOKU-YABO農園」という農家レストランを始める。ステージやスクリーンを設置した空間で、食×音楽×アートを融合した日本でも数少ない空間を造りあげる。

SYOKU-YABO農園のサイトへ

〈ボーカル・歌詞〉

イシイ モモコ

横浜出身。ヴォーカリスト。アコースティックユニット、ハミングキッチンにて活動し、解散後ソロ活動をスタート。どこまでも透明な美しい声の中に、優しさと力強さを兼ね備えたボーカルは幅広い支持を受けている。また、Bank Band にてコーラスを担当するなど、様々なジャンルにまたがるミュージシャンのレコーディングやライブへの参加、CM音楽など活動中。ときに敬愛するThe Beach Boysの楽曲のカバーバンドなども行う。

ジェイ・アニメ・ドットコム株式会社

お気軽にご質問ください!
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信